2011年05月31日

ガレキ撤去

「4号機でがれき撤去中に爆発音」念のため注意してください。
2011-05-31 16:09:52 | 福島第一原発

 四号機でガレキ撤去中に爆発音がしたとのこと。おきている事柄のレベルがわかりませんし、慌てる話ではないかもしれませんが、念のため、線量などに注意してください。都内のガイガー隊からの報告だと、通常、0.1マイクロシーベルトの場所が、0.14マイクロシーベルトくらいでやや高めだということです。勿論、有意な差ではありませんが、念のため、注意してください。



posted by りんご at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

放射能予報

5/29(日)早い時間、九州南部に台風2号が上陸し、本州を東へと進んで行くでしょう。この台風の北側では雨は弱まりますが東の風が強さを増し、大気中の粒子を西へと運んで行くでしょう。この台風による暴風雨の影響で粒子は高い割合で地上へと降下して来るでしょう。

5/30(月)台風2号はこの日の夜まで本州沿岸部を東へと進んで行きます。時間の経過とともに雨は徐々に止み、風も再び弱まりながら南の風となってきます。大気中の粒子はおおむね内陸部へと運ばれて行きますが、東京から仙台にかけての一帯では比較的濃度の高い粒子の拡散が予想されるでしょう。

5/31(火)台風2号は太平洋上へと去って行き、この日雨はほとんど降らないでしょう。穏やかな東または北東の風に支配され、大気中の粒子は主に福島から東京までの一帯に広がるでしょう。



posted by りんご at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

プライス・アンダーソン法

続き)


最後に、原発内に複数の原子炉が存在する場合の問題です。福島第1原発の事故からもわかるように、1つの原子炉が爆発すれば、ほかの原子炉のトラブル修復が遅れます。アリゾナ州のパロベルデ原発には敷地内に3基の原子炉があるのに、NRCは2週間前にあと20年の免許延長を認めました。NRCが福島で起きたことをすでに分析し終え、複数原子炉を持つ[パロベルデのような]発電所を満足に分析できた、とはとても思えません。

さて、以上が技術的な問題点のまとめです。もうひとつ、政治的な問題点を指摘しておきましょう。「プライス・アンダーソン法」です。プライス・アンダーソン法は、いわば電気事業者が加入している保険です。事故が起きた場合には、アメリカ中のすべての原発が1原子炉につき約1億ドルずつを拠出することになっており、事業者に課される賠償責任は1回の事故につき約100億ドル上限と決まっています。

福島の損害賠償額は2,000億ドル[16兆円強]前後にのぼる見通しと言われています。

もし同じ規模の事故がアメリカで起きたらどうなるでしょうか。残りはすべて私たち納税者の肩にのしかかってくるということです。私たちは1,900億ドルの借金を抱えるわけです。それがプライス・アンダーソン法の正体です。電気事業者はこの法律があるかぎり自分の懐をたいして傷めない。そんなことを許していいのかどうか、福島の事故を受けて私たちはしっかり考えるべきではないでしょうか。

posted by りんご at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。