2011年05月15日

Jヴィレッジ

東京電力は2011年5月14日午前の記者会見で、福島第1原発で作業をしていた男性が本日早朝に体調不良を訴え、搬送された病院で死亡したことを発表した。

 死亡したのは、東電の協力会社の60歳代男性作業員。14日6時50分頃、放射性廃棄物処理施設で機材の搬入中に体調不良を訴えた。7時03分に福島第1原発の医務室に運ばれたが、その時点で本人に意識はなく、7時35分にJヴィレッジへ移り、医師の診察を受けた。その後、8時35分、救急車で福島県いわき市内の総合磐城共立病院に搬送されたが、9時33分に死亡が確認された。

 男性は、前日13日から福島第1原発で働きはじめ、14日が2日目の勤務だった。勤務時間は6時から9時の3時間。怪我などの外傷はなく、同日の被ばく線量は0.17ミリシーベルトで、放射性物質の付着はなかった。死因については、東電によると「診断が出ておらず、わからない」としている。

2011年5月14日14時50分
 東京電力広報部への取材によると、亡くなった60代男性の元請会社は東芝で、死因は現在調査中とのこと。
また、男性は前日も同様の作業をしていた。男性に持病があったかどうかも含め、詳細がわかり次第、東京電力の記者会見で発表される予定。
posted by りんご at 11:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 浜岡原発の停止、私は賛成です。
 東海地方は、大地震が起こる可能性が、他よりも高い地域ですから、津波に対する備えなど、大地震に対する備えが万全でないなら、他の原発を今すぐ止めることができなくても、浜岡原発だけは、まず停止すべきと思うので。

 まあ、東京電力と中部電力では違うかもしれませんが、福島原発のことを考えると、やはり地震対策は万全にして欲しいですから…。
 東海地方の浜岡原発でも、福島原発と同様のことが起こったら、日本の経済は破綻するのでは?という恐れもあると思うので。

 ところで、その東京電力ですが、福島原発の1号機のメルトダウンを認めたという報道がありました。それにより、原発の処理作業は、予定よりも長引くとか…。
 この話、東電の賠償を国が補償する案がまとまったら、途端に出てきた?そんな気がして、なんだか胡散臭い気持ちになっております。

 実際にメルトダウンが起こっていて、実際にそのために処理が長引かざるをえないなら、それは仕方ない話とは思いますが、賠償で東電を甘やかすと、原発の処理が更に長引くような気がしてならないので(「自民党のために、東電は原発の処理を遅らせて、民主党政権の足を引っ張ろうとしているのでは?」と疑っている私なので)、ギリギリまで賠償は東電にやらせ、破綻しそうになったら国営化、というのが良いのでは?と思っております。

 被災者への賠償が遅れる懸念もありますが、民主党政権が、国交省から特別会計を取上げ(原子炉冷却に有効なポンプの存在を、すぐ民主党政権に上申しなかった罰として)、一時的に東電に代わって仮払いするのもあり、と思います。

 それにしても、福島原発の処理は、もっと信用できる組織に任せて欲しい、という気がしてなりません。(東電には、放射線量の測定ミスみたいな話もありましたから。)
 本当に東電の国営化、民主党政権に考えて欲しいと思います。


追伸  福島の1号機、建屋をカバーで覆って、放射性物質の拡散を防ぐという案もあるそうですが、拡散防止は良いとして、上空から内部の様子が見づらくなるというのは、どうなのだろうか?とちょっと気になってます。
 できれば、上部が透明なシートなどが使えれば、情報も透明化できるかな?などと思うのですが…。
Posted by 通りすがりです at 2011年05月16日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。