2011年07月17日

肉がすでに消費

福島県浅川町の農家から出荷された42頭の牛の肉について、関係する自治体が流通経路を調べたところ、これまでに東北から九州まで30の都府県の卸売業者やスーパーなどに販売され、少なくとも1700キロ余りの肉が消費されたとみられることが分かりました。

問題の稲わらを餌として与えられていた肉牛42頭は、4月8日から今月6日までの間に東京都、横浜市、千葉県、それに仙台市の4か所の食肉処理場に出荷されました。関係する自治体が、その後の流通経路を調べたところ、これまでに、東京、千葉、神奈川、埼玉、群馬、栃木、茨城、山梨、新潟、長野、宮城、山形、岩手、秋田、福島、青森、愛知、岐阜、三重、石川、福井、静岡、大阪、京都、兵庫、和歌山、広島、愛媛、香川、福岡の合わせて30の都府県の卸売業者やスーパーマーケットに販売されていたことが確認された。

このうち大手スーパーの「イオン」の東京や神奈川・千葉などに14の店舗で、319キロが消費者に販売されていたことが分かりました。また、愛知県など、東海地方の焼き肉チェーンで26.5キロが消費されたとみられるほか、三重県でも焼き肉店などで22.1キロが販売されるなど、これまでに合わせて18都道府県で1700キロ余りの肉がすでに消費されたとみられています。


NHK
posted by りんご at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。