2012年04月14日

東電 拒否

東電が、「汚染され行き場を失っている木くずを火力発電所で燃料として使ってほしい」との

要請を拒否した。

東電は、汚染されたガレキを燃やすことがどれ程危険であるかを把握しているのだ。

木屑を燃やした瞬間から火力発電所が放射性管理区域になる恐れがあることをだ。

posted by りんご at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。